clip_1.gifaaa.gif

株式会社総合環境分析
技術部技術二課
高橋 洋武

弊社は、水道水検査や排水・環境水等の水質分析、土壌汚染調査等を行っている検査・分析機関、計量証明事業機関です。その中で、私は、現在HPLC、LC/MS等を用いて、水道水中の農薬類や消毒副生成物(ハロ酢酸)の分析を行っています。分析していて日々痛感することは、何か予期せぬことが起きた時に、何が原因で起きているかを正確に把握することの難しさです。特に、分析機器のトラブルの場合には、分析機器の原理や特性をきちんと把握していなければ、迅速に解決することが困難になってしまいます。そのため、分析機器に関する原理や特性を学び、それら知識を使いこなせるようになることが重要であると思います。このような背景と、上司の勧めから、2013年秋頃から液体クロマトグラフィー研究懇談会に参加するようになりました。

 私が分析士認証試験を受験したきっかけは、液体クロマトグラフィー研究懇談会が主催している液クロ研修会(LC-DAYs)に参加したことです。こちらの研修会に参加し、最後の修了試験に合格するとLC分析士初段の受験免除資格が取得出来るという特典がありました。実際に受験してみたところ、一泊二日の研修会の後のテストは、体力的にもきつかったですが、なんとか合格点は取れたようで、LC分析士初段の受験免除資格を取得出来ました。LC分析士初段を取得した後、免除試験だけではなく本試験でも合格したい思いが芽生え、LC/MS分析士初段、さらにLC分析士二段の試験にも挑戦した所、どちらもなんとか合格することが出来ました。

 分析士認証試験の良い点は、前述したように、初段の次に二段、三段…と、どんどんチャレンジし、自分の知識がどの程度あるのか客観的に知ることが出来る点だと思います。また、分析士認証試験の勉強をすることは、液体クロマトグラフィーに関する知識を増やす良い機会にもなります。この機会を生かして、日々の仕事に繋げられるようにしていければと思います。

(2015年8月31日 記)

プロフィール

高橋 洋武 Hirotake TAKAHASHI LC分析士二段、LC/MS分析士初段
2009年3月信州大学大学院工学系研究科地球生物圏科学専攻修了、同年4月株式会社総合環境分析に入社、現在、HPLC、LC/MS、GC、GC/MS等を用いての規制項目(農薬類、ハロ酢酸等)の定量分析やそれら試料のサンプリング業務等に従事。
趣味:ドライブ

voice007.jpg