clip_1.gifaaa.gif

日時
2014年2月21日(金)
会場
五反田文化会館〔東京都品川区西五反田1-32-2〕
主催
(公社)日本分析化学会 分析士会
参加費
2,000円
定員
50名(予定)
参加申込
(公社)日本分析化学会のホームページから


プログラム(予定)

13:00-13:30
2013年度分析士会総会

研修講演I 正しい用語の使い方

13:30-14:00
研修講演1
クロマトグラフィーおよび質量分析関連用語
(東京理科大学薬学部)中村 洋

研修講演II HPLC・UHPLCの最前線

14:00-14:25
研修講演2-1
世界初の有機物低減タイプ超純水製造装置
(メルク㈱)金子静知
14:25-14:50
研修講演2-2
世界初の最大圧力140 MPa UHPLCシステム-サブ2 μmの250 mmカラムを用いる超高速高分離分析-
(㈱日立ハイテクサイエンス)伊藤正人
14:50-15:15
研修講演2-3
世界に自慢できる高性能蛍光検出器
(㈱島津製作所)三上博久
15:15-15:30
休憩

研修講演III LC/MSの最前線

15:30-16:00
研修講演3-1
世界初のパーソナルユースMS検出器
(日本ウォーターズ㈱)○長瀬勝敏、佐々木俊哉、津田葉子
16:00-16:30
研修講演3-2
世界初のトライブリッド質量分析技術
(サーモフィッシャーサイエンティフィック㈱)大河原 正光
16:30-17:00
研修講演3-3
世界初のLC-MS/MS製品と自慢の関連製品
( ㈱エービー・サイエックス)大関由利子

研修講演IV 国内と海外の動向

17:00-17:25
研修講演4-1
分析士登録その後 ~分析士会運営のお手伝い~
(三菱化学科学技術研究センター)矢田信久
17:25-17:55
研修講演4-2
最近のPittcon事情
(アルクサイエンス(有))臼井 睦

情報交換会 18:00-20:00