主催
公益社団法人 日本分析化学会 液体クロマトグラフィー研究懇談会
期日
2017年2月23日(木)13時00時~17時35分
会場
東ソー株式会社 本社

住所:〒105-8623 東京都港区芝 3-8-2(芝公園ファーストビル)

電話:03-5427-5180

交通:都営三田線 芝公園駅(A2出口) 徒歩5分

         都営大江戸線 赤羽橋駅(赤羽橋出口) 徒歩5分

         都営浅草線・三田線 三田駅 徒歩10分

         JR線 田町駅 徒歩15分

URL:http://www.tosoh.co.jp/company/location/headoffice/index.html

講演主題
不確かさとバリデーション
開催趣旨
分析結果の信頼性を評価する方法として、従来の誤差評価法に代わり、不確かさ評価法が用いられるようになりました。
また、分析法の開発においては、バリデーションが重要となっています。
そこで、本例会では、普段は接することが少ない“不確かさ”と“バリデーション”への理解を深めることを目的として、これらの基本的内容から実用的手法まで、幅広く御講演頂きます。
講演
講演主題概説(オーガナイザー) (13:00~13:05)

(東ソー株式会社) 伊藤誠治

1. 「不確かさ評価と標準物質」 (13:05~14:05)

(一般財団法人 化学物質評価研究機構) 山澤 賢

2. 「不確かさ評価への利用を目指した分散分析入門」 (14:05~15:05)

(国立研究開発法人 産業技術総合研究所) 田中秀幸

休憩(15:05~15:20)
3. 「分析バリデーション」 (15:20~15:55)

(東ソー株式会社) 伊藤誠治(LC分析士四段、LC/MS分析士初段)

4. 「HPLC機器のバリデーション」 (15:55~16:30)

(株式会社島津製作所) 後藤 武(LC分析士二段)

5. 「LC/MS/MSによる生体試料中薬物濃度分析法のバリデーション」 (16:30~17:05)

(株式会社東レリサーチセンター) 竹澤正明(LC分析士三段、LC/MS分析士五段)

6. 総括「不確かさとバリデーション」 (17:05~17:35)

(東京理科大学薬学部) 中村 洋(LC分析士五段、LC/MS分析士五段)

参加費
LC研究懇談会会員;1,000円
協賛学会(日本分析化学会、日本薬学会、日本化学会)会員;3,000円
その他;4,000円
学生;1,000円
参加費は当日申し受けます。
申込締切後の参加費は、全ての種別で1,000円増額となります。
情報交換会
終了後、講師を囲んで情報交換会を開催します(会費4,000円)。
参加を希望される方は、事前にお申し込み下さい。
参加費は当日申し受けます。
申込締切日
2017年2月15日(水)までにお申し込みください。
申込方法
氏名、勤務先(電話番号)、LC会員・協賛学会会員・その他の区別及び情報交換会参加の有無を明記の上、FAXまたはE-mailにより下記宛お申し込みください。
参加証は発行致しませんので、直接会場にお越しください。
申込先
〒141-0031 東京都品川区西五反田1-26-2五反田サンハイツ304号
公益社団法人 日本分析化学会 液体クロマトグラフィー研究懇談会
TEL:03-3490-3352
FAX:03-3490-3572